高橋 麻李衣 / Marie Takahashi


 

 

 

 

 

 

 

○プロフィール
・1989年 福岡県生まれ
・2012年 北九州市立大学 外国語学部卒業
・2016年 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 修士課程修了
・2016年 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 博士課程在籍中
・2012年 療育施設非常勤職員

○専門分野
・心理学(発達心理学、臨床心理学)

○コメント
研究は試行錯誤の連続で、どうしたら良いか分からず不安になることも多々あると思います。
作業に行き詰まった際の思考の整理や言語化をお手伝いできればと思います。
主に発達障がい児の発達支援、自立に向けた支援に携わっています。
福祉の分野に興味がある人も是非気軽にご相談ください。

○受賞歴
2017年 第27回日本乳幼児医学・心理学会 優秀発表賞(受賞者:森将輝・高橋麻李衣・濱田庸子)

 

Profile
-Birth in 1989, Fukuoka.
-Keio University, MA in Media and Governance
-Keio University, Currently in Ph.D course in Media and Governance
-Part-time staff at children development support center

Major
-Psychology (Developmental Psychology, Clinical Psychology)

Comments
-Research is continuing process of trial and error.
Sometimes, you may feel stuck and can’t decide what you should do.
I would like to help you organize and verbalize your thought, if you feel stuck or overwhelmed.
I mainly involve in developmental support and support for children’s future independent live. Please feel free to stop by if you are interested in the fields of public health and welfare.

Awards
-2017 Excellent Presentation Award at the 27th Japanese Association for Medical and Psychological Study of Infants (Prize-Winners: Masaki Mori, Marie Takahashi and Yoko Hamada)

パーマリンクをブックマーク